travel.photo.jewely.vespa.
by lan-tan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
illumination
e0087542_1405696.jpg

照明関係は色々好きっす。
ロウソク、提灯、裸電球、イルミネーション、夜景、太陽、月、とかとか。
もちろんランタンも☆

でも苦手なのもある。
母ちゃんが蛍光灯嫌いだったせいで、実家の家には蛍光灯が1本も無い。
そのせいか、僕も蛍光灯の下では寒々しくて落ち着かない。
一人暮らし始めた最初のアパート。部屋に蛍光灯しか着いてなかったのにはビックリ。備え付きの机の照明も蛍光灯…。

広大でのんびりな北海道から、細々して生き急ぐ東京。
黄色い部屋から、蒼白い部屋。
まさに環境の変化。

東京に戻った懐かしさもあったけど、最初は調子悪かったなぁ。
そんな中、最初に買ったのは、古い緑色の調光機付きベットライト。吉祥寺の中古屋で。気に入ったものが見つかるまで、凄ーい探した。おかげで今も活躍中。
慣れない一人暮らしで寂しいかったし、部屋も寒々しいしかったけど、
ぽつんと黄色い空間ができて、調子出てきた。
主照明も、ロフト付きで天井高かったけど、ハシゴ用意して無理矢理、提灯照明に取っ替え。戻すの面倒だったから、そのまま引っ越ししちゃった…。どうなったんだろ?
蛍光灯も細かい作業照明とかにはいい面もあるらしいけどね。
でも、な〜んか、夜でも昼間のように白くて明るい照明の家が多い気がする。
最近読んだ本によると、これは日本人の贅沢主義らしい。むむむ。
明日は我が家でのバンド撮影。頑張らねば。てんてこまい。
[PR]
by lan-tan | 2006-05-21 02:26 | Photo
ohana live
e0087542_5293564.jpg

ohanaのライブを見に久しぶりにzepp tokyoへ。
友達が誘ってくれたleyonaのライブには泣く泣く行けないので、このライブはめちゃくちゃ楽しみ。
楽しかった。
なんせ、この豪華過ぎるメンバー。
またまた、ふわふわ、ふわふわ。
GWからの流れでなかなか、切り替えれない…。
やるべき事、やりたい事がたくさんあるのになぁ。
あ、関係無いけどスケルトンの観覧車があるのって知ってた?
僕知らなかった。
[PR]
by lan-tan | 2006-05-17 05:47 | Photo
Bird of paradise
e0087542_21353764.jpg

極楽鳥花。
学名はStrelitzia reginae、ストレリチア レギネだそう。
舌を噛みそうです。
極楽鳥で有名なパプアニューギニア。
昔、ちょっとだけ行きました。ほんと、ちょっと。トランジットで…。
空港の広大な1室で12時間、監禁状態。
窓の外から見える風景と、むわっとした空気。
最初は、空港係員も部屋を出るだびにX線で荷物チェックしてたのに、2時間もたてば、超てきとー。気づけば、椅子に座って話に盛り上がってるし。
パキスタンを彷彿させる、なんとも魅力的な雰囲気でした…。帰りの飛行機で一緒になったパプアの人も変なテンションだったし。
極楽鳥を見るのは大変らしいけど、いつか、行ってみたい国ですな。
[PR]
by lan-tan | 2006-05-15 21:39 | Photo
tharibon photo
e0087542_2421961.jpg

ちゃりぼんのミクちゃんと、ふくしまかん君の2人。暖かい雰囲気の2人。
音楽が人間性だね。
撮影してから、結構時間経っちゃったね(笑)
ちゃりぼんと何回かliveを一緒にしてお知り合になって、かん君とは何回か一緒に演奏。
それが縁(?)でちゃりぼん用宣材写真を頼んでくれた。
その前にかん君のバンド「しまうま」主催のイベントでも一日カメラマン。
かん君は多才で、多忙なお方。いったい、いくつバンド組んでるんだろ?って感じだよ。
繊細な音を出す人。本人が繊細かどうかは別にして…。
いいよ。いいよー。
それにしても、笑顔の写真がたくさんだったよ。
[PR]
by lan-tan | 2006-05-14 02:59 | Photo
vespa touring to yamagata
久しぶりの更新だから写真&文章載せまくりです。
毎日休みのような者だけど、GWは自分解放で。例によってvespa君にテント積んで行ってきすた。山形に。今回は3人。友達の結婚祝いもかねて。
e0087542_137126.jpg

初日の高速。のーふぁいんだー。片手運転での撮影はこの旅で慣れたかも。これでビデオ撮影もしちゃったもんね。死にそうになったの事も多々…。
e0087542_1372792.jpg

東京はお出かけ日和。
e0087542_1472312.jpg

初日キャンプの猪苗代湖の朝。この日の夜が一番寒かった。深夜到着で息が真っ白。
朝までBBQしたね。やっとできたね。ほけってぃ。ほたってぃ。
朝の6時まで太鼓叩いて歌ってた外国人キャンパー。あんた達、いいかげんにしなされ。
夜とは嘘のように違う朝の風景と暖かさ。
e0087542_1474063.jpg

蔵王の凍結通行止めのおかげで急遽ペンションに1泊。GWと言えども、僕らの行く場所には人なんて全然居ない…。格安で素敵なペンション。素泊まりだったのに朝食も出してくれた。
やっぱ東北ってコケシが有名なんだね。なんか分からないけど、すごい惹かれる。あの顔も3頭等くらいのシルエットも。コケシの語源は色々あるらしいけど…。
東北地方の民俗学的なものは本当に興味深いなと。なんか物語的というか、ミステリアスというか。オシラサマ、なまはげ、白石の児捨川橋とかも。今は白鳥橋(?)。実は楽しみにしてたんだけど、時間も押しまくりですっかり通り過ぎてた…。
文字からくるイメージで名称変更なんてありえない。そのせいでせっかくのその歴史文化を知らない、ましてや興味も湧かない可能性が出てくると思うけど。白鳥橋なんて各地にいくらでもあるのにさぁ。
全く持って関係無いけど、エアーズロックも眺めるだけで十分。登る必要なんて全く無い。「世界の中心で〜」の影響で旅行会社も煽ってたけど、アボリジニの人達のあの文章を読んでも登りたい人には「?」よ。登山根性だけな日本人が増えてなければいいな。
e0087542_1375749.jpg
エストレア女ライダー!かっちょよかったよ。頼りがいあったよ。ほたってぃ。こんな旅に着いて来れるのはあなたくらいだすよ。嫌けささずに次回も行こうね。後輪ロックはほどほどにね。次回はウザイかもだけど、もうちょっと夜語り付き合ってよ(笑)。
e0087542_1381432.jpg
僕のもう一台のオンボロP200を貸した元アメリカンライダー。なんだかんだで今回の主役…。あーた今回凄かったよ。ほけってぃ。急にウィリーしたり、山に突っ込んでいったり、高速でガス欠とかさ…。これ以上オンボロにしないでね。風邪、キャンプしたら治ったって野生児?君のおかげで思い出深い旅になったよ。無事で何より。これに懲りずに早くバイク買ってね。
e0087542_1310344.jpg
我が相棒vespaPX200ちゃん。見よ!この荷物。vespaが街乗りなんて言いません、言わせません、聞きません。キックレバーが折れて無くて、セルも取っ払っちゃたからキック部品が滞在先まで届くまで、この荷物で押しがけ&メーターケーブル切れ…。よけい愛着湧いたよ。
e0087542_148214.jpg
「お釜」ある意味ここも聖地。登っちゃった…。
結局、この時期に神戸までは行った事はあったけど、北上は初めて。かな〜り寒かった…。久しぶりに「旅」って感じで過酷で濃かったなぁ。結婚する友達も何年ぶりかなのに変わってなくて、幸せそうだった。相変わらず、曲作ってるんだね。
なんか、終わってしまえば、みんなへの感謝がたくさん。疲れが溜まってて後半戦、余裕無かったけど、みんな懲りずにまた行こうねー。
[PR]
by lan-tan | 2006-05-12 17:03 | Vespa