travel.photo.jewely.vespa.
by lan-tan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Candle holder
e0087542_3455878.jpg

Sydney-Power house Museum

シドニーは、けっこう無料のギャラリーや、ミュージアムがあって、そういう点では、ほんと退屈しませんでした。
それと、ミュージックフェスティバルやら、ダンスフェスティバルやら、イベント盛りだくさんで。ほとんど、毎週のようにどこかで、何かが開催されてたんじゃないかな。
何よりも、ほぼフリーエントランスで参加、閲覧できる場所が日本に比べると驚くほど多い。
例えば結構楽しかった、シドニーパークでの音楽フェス「earth dance」。
「entrance → gold coin」って書いてあって、「どういうこと?」って思ってたけど、すなわち、入場料が$1か$2…。
しかも、僕は自転車で行ったから、メインエントランスじゃなくて、横側の小さいエントランスから入ったら、おっちゃん無料にしてくれた。ていうか、「料金を取る」っていう雰囲気すら無かったです。よくも悪くも、オージーな感じ。
なんつーでしょ。
やっぱり、普通の日常生活の中に、音楽とか展示、写真、映画とか、そういう非生活必需品のようなものを気軽に鑑賞して楽しめるって、人間の豊かさみたいなのに、つながる気がします。
そりゃ、お金を、出せばいくらでもあると思うけど、気軽にお金をかけなくても、そういう事を経験できる、生活の中に気軽にあるって事がいいと思うのです。
あまり良くわからないけど、無料といえども質もいいと思った。

ハイドパーク内で写真の展示があって、自転車でいつものように噴水を横切って図書館へ向かってました。
そこにどうみてもホームレスさん風のおじさん(僕も似たような感じだったけど)が、腕を後ろ手で組んで、ジーッと写真を鑑賞していた姿が印象的で。

いくら、ひどいご飯食べてて、ひどい部屋に滞在してて、服も破れてても、そういう場所に行ったり、
展示品を見たり、演奏をぼーっと聞いてたりすると、気持ちはいい感じなんです。

実は東京にもそういうお金をかけなくて、質の良いイベントってたくさんあるのかな?
あったらおせーてください。
[PR]
by lan-tan | 2008-02-17 04:25 | Photo
view from road near the farm
e0087542_2082086.jpg
sydney から バスで5、6時間。「young」 という場所でチェリーピッキングと、少しシェード内での仕事。
なんだかんだで、ファームでの経験が、結構、豪州での思い出深い経験だったと。
2つの農場で働いたけど、2つ目の農場の近く。
そこは、僕が使ってたオプタス携帯の電波はなく、電話をかけたい時は、隣のファームまで、徒歩で道路を歩いてました。そこまで行っても、電波かなり悪いんだけど。。
だから、ここの道からの景色は印象深くて。

食料買いだしに行く時も、この道から。
シドニーに帰った時にもこの道から。
ヒッチハイクを初めてしたのもこの道。
色んな人にバイバイしたのもこの道。
何度か途方にくれたけど、そんな気持ちの中で、この道からの満点の星空は、こりゃ忘れらません。いや、忘れません。

時間や、天気、羊さん達の気まぐれで、同じ場所なんだけど、いろいろな景色が見れる場所で。
なんどこの景色に感動したことか。

最終的に、オージーの人がほとんどだったから、他のピッカーは帰る家、待ってる家族がいたり、クビになったりで、クリスマスホリデー前にはファームには誰も居なくなり。
僕はオーナの爺ちゃんに頼みこんでテントのままステイさせてもらい、ファームにはニューイヤーズまで、僕と羊さん達だけの状態。途中で、キャラバン与えてくれた。
孤独も感じたけど、自然のおかげか、一度も飽きを感じなかった。

話は変わり、色々まわって国立の自宅(?)にやっと先日帰宅です。
屋根裏部屋に上れば、ほこりやら、雨漏りの後やらで、少しでも時間が過ぎてたんだなーなんて感じちゃいます。
んで、今、ちょっと、東京の冷たい風にやられてる感じ。
喫茶店のワイヤレスインターネットが500円かかるのが、納得いかん。
明日からは、一周忌のために横浜。
そんなこんなで、少し、おセンチな気分。
[PR]
by lan-tan | 2008-02-14 20:27 | Photo
Sydney→Vietnam→Laos→Thailand→Vietnam→Japan
e0087542_22454548.jpg
e0087542_2246498.jpg

久しぶり過ぎて、自分でもびっくり。
覚えますかい?
もはや、すっかり、取り残され、忘れられてる感じですが、旅の最後に更新しようかなと。
『行きてますか?』とか、『宗教にはまりましたか?』とかメールが多いので
嬉しいけど、まわりからの僕の頼りなさがわかってしまいます。。

今は、ベトナム、ホーチミンのカフェ。
1月9日にシドニーアウトで、帰りのベトナムオープンチケットのストップオーバーでホーチミン。
そのまま北上して、ラオスに入り、タイ入国。
まさかのタイで熱出て沈没。よりにもよってカオサンのゲストハウスで死んでました。
環境最悪でした。
しかも、豪州じゃやられなかったし、今まで友達がやられてたのに、僕は全然やられなかった、「ベッドバグちゃん」にもやられ、全身赤い。
オープンチケットで、1回のみ変更可でしたが、シドニーのオフィスでは何回もOK
といわれ変更可能でしたが、色々あって、お金もつきて帰国です。
今回かなり楽しみにしてたカンボジアは、諦め、格安エアーでバンコク→ホーチミンに飛んじゃいました。。
残念。。

今日の深夜のフライトで、帰国します。

豪州では、シドニーのバッパーに約3ヶ月。
その後、ヤングという場所で、ファームジョブ。
チェリーピッキングと、パッキング。
2カ所のファームで働き、滞在はテント、キャラバンです。
車の無い僕は、食料買い出しも他のピッカーの人に連れて行ってもらうか
ヒッチです。
携帯通じず、ネットなんて夢の世界。
「29歳でファームなんてやってる場合か」なんて思ってましたが、
バッパーで、色々話を聞いて行こうと決心。
素晴らしかった。。
色々ほんと大変だったけど、ほんと良かった。
自然って素晴らしい。
いや、人間、考えるより、動きゃなんとかなるもんだと身にしみます。

前回のブログ投稿を見て、だいぶ人間臨機応変になんて自分好都合に解釈です。

ほんとバタバタで、メールなど返せなくてすみません。
僕、何をするにも色々時間のかかる人間なんで。

帰国して、色々また整理して、またブログ始めます。
ではでは。
[PR]
by lan-tan | 2008-02-01 23:03 | Photo