travel.photo.jewely.vespa.
by lan-tan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
Photo
Vespa
Jewelry
DIY
Australia
Asia
New Zealand
Dialy
Profile
Out door
未分類
以前の記事
2010年 08月
2008年 06月
2008年 02月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
Mail & link
フォロー中のブログ
sapling rain
Little Fish,...
検索
ファン
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ring
e0087542_22393578.jpg

from top
mens ring [royal blue moonstone.black diamond.blue sapphire.Sv950]
woman ring[blue diamond.Pink sv950]
woman ring[royal blue moonstone.Sv950]
woman ring[green sapphire.Pink sv950]
[PR]
by lan-tan | 2005-12-31 22:41 | Jewelry
birthday present
e0087542_9324419.jpg
[champagne color cz.sv950]
工房で最初の頃練習用に作っていたシルバーのリングを記念にずっと持っていた。
学校を卒業し、夢の仕事をしているあの時の自分の気持ちが入っているリング。
理想と現実。今から思うと当たり前だけど。
彫金が嫌になった時もあったかも。
そのリングをベースに石を入れて、おばあちゃんへのプレゼントにした。
おばあちゃんは、よくジュエリーを僕に見せてくれた。それぞれのジュエリーにまつわる思い出話をしながら。
おばあちゃんが若い頃、ジュエリーなどはまだ買う余裕が無かった時、おじいちゃんから金のリングをもらった。おじいちゃんは当時の歯科材料と工具で作ってみたらしい。入れ歯を作る要領で(笑)。
そのリングは、素朴で、ちょっと歪んでて、とても可愛い作品だった。
そのリングの話をするおばあちゃんはとても幸せそうな顔をしていた。
見た目も大事だけど、気持ちの方がもっと大事。
[PR]
by lan-tan | 2005-12-12 17:11 | Jewelry
engagement ring
e0087542_18282895.jpg
engagement ring
ring for my family
[PR]
by lan-tan | 2005-12-09 18:20 | Jewelry
pianist&pinky-ring
e0087542_418896.jpg
    pinky-ring  [brown diamond.Sv950]

e0087542_405364.jpg
オーダーしてもらったピンキーリングを作った。
ちょっと、紹介。
愛さんはピアノ弾き。国立音大を卒業しちょっと前まで東京に住んでいたが、今は九州で音楽活動中。先生もしている。
東京への旅の目的は?って聞いたら「銀座のヤマハに楽譜を買いに来たの」って。なんか、この言葉に感動した。前から思ってたけど、やっぱりプロフェッショナルだわ…。音楽に対する情熱が凄い。
以前、演奏を聞かせてもらったけど、とても素敵だった。
リングのお値段は、愛さんがピアノを弾いた時に頂くギャラと同じ額にしてくれたらしい。身が引き締まる。その考えが嬉しかった。
これからも、素敵なピアノ演奏、ピアニストでいて下さいね。遠くからでも、応援しています.
e0087542_463394.jpg
たまには制作途中の様子も。ダイアモンドが入る前。宝石が入ると魂が入った感じがする。たとえるなら、仏像の開眼みたいな感じかなぁ。。
[PR]
by lan-tan | 2005-12-06 04:54 | Jewelry
italian restaurant.
e0087542_13425019.jpg

お世話になっている人が、お店を紹介してくれた。
イタリアンレストラン。螺旋階段と、ステンドグラスの照明。とても気に入った。
そこで色々な話を聞かせてもらった。その人が若い時に見た映画の話が印象的。
「草原の輝き 花の栄光 再びそれは還らずとも 嘆くなかれ その奥に秘めたる力を見出すべし」。
ワーズワースの詩らしい。
世の中情報に溢れてるけど、話をしている人のエピソードを交えて、こんな話が聞けると時間なんてすっかり忘れてしまいますな。
映画もまだ見てないし、詩の内容は、全然理解してできてない気がするけど、希望が持てた。
それにしても、イタリアンレストランの前にvespaは似合ってたなぁ。
素敵な大人になりたいわぁ。
[PR]
by lan-tan | 2005-12-04 14:10 | Dialy
live
e0087542_135339.jpg

e0087542_1321038.jpg

久しぶりに人前で演奏をした。bassとguiter。
どちらも中途半端。相変わらずな僕。
新宿と山梨で、ライブ。なんか、新宿2丁目は最近縁があるな。
唄うたいのノリコル、ギターのナカヤさん、ピアノのかんさん。いや、仲良くなったから、かん、と呼び捨て。このlive写真を撮ってくれた、midoさん、吟さん。そして、知り合えた唄うたい人、写真好き人。みんなありがとう。とても楽しかった。
音楽をみんなで演奏するのって、凄い。
音って目に見えないけど、存在感がある気する。
見えないものって大事。
UFOとか、幽霊もラジオの電波みたいに波長が合う人が感じるんだと思う。
友達の知り合いで人のオーラが色として見える人がいるらしい。興味深い…。
昔Mac分解して、ケース外して電源入れたら、頭がカチ割れそうな頭痛がした。電磁波?
その時に、見えないものにも力があるって思った。
波に興味出てきた。音。波長が合う人。扇風機のf/1揺らぎ。双子の友達のエピソード。Synchronicity。僕の大地震予知能力(?)。むむむ…。
科学者の友達が欲しいな。
なんか、随分話がずれちゃったな…。
[PR]
by lan-tan | 2005-12-04 02:23 | Dialy